21世紀がん保険 アフラックの評判 このまま継続?それとも見直す?

相談件数300名突破!

約80%の方が保険料の節約に成功

↓詳しくはこちら↓(2019年最新の保険情報対応)



今日はアフラックの
21世紀がん保険を記事にします。

このがん保険は
9年前に販売が打ち切られています。

なぜ、現在販売されていない
がん保険を取り上げたかというと

このがん保険を継続した方が良いのか?
見直しをした方が良いのか?
相談を受けることが多いからです。

また、
代理店から追加・上乗せ契約の案内を受け
判断に迷う機会も多いようです。

21世紀がん保険の強み・弱みを理解して
継続・修正のヒントになればと思いました。

21世紀がん保険 アフラック 評判1
現在でも間違いなく優秀ながん保険

21世紀がん保険は
2000年から2009年にかけて
販売されていました。

いくつかのパターンがあるのですが
ここでは基本となる
「21世紀がん保険スペシャルプラン1倍」
の保障内容を見ていくことにします。

診断給付金:100万円(上皮内新生物10万円)
入院給付金:1万円
通院給付金:1万円
特定治療通院給付金:5千円
手術給付金:20万円
高度先進給付金:6~140万円
在宅療養給付金:15万円
在宅緩和ケア初期給付金:10万円
在宅緩和ケア給付金:1日5千円(最高180日)
死亡保険金:10万円
死亡払戻金:5万円

家族型というプランもあり
各保障すべて本人の60%の金額になります。

保障期間は終身、払込期間も終身です。
保障が途切れる、保険金が減る、
保険料が高くなるの心配はいりません。

それでは、
保障の詳細をお伝えすることにしましょう。

<診断給付金>
がんと診断されると100万円の
診断給付金が受け取れます。
上皮内新生物は10万円。

支払いは双方1回のみです。

<入院給付金>
がんでの入院につき1日1万円
日数無制限でお支払いします。

<通院給付金>
5日以上の入院をして退院後の通院を保障。
入院から365日以内で最大60日が限度。
通算は700日が限度です。

<手術給付金>
がん・上皮内ともに保険適応手術が対象です。
放射線治療は50グレイ以上の放射が対象。
60日に1回、回数は無制限です。

<特定治療通院給付金>
放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン療法
この3つの治療に伴う通院をしたとき
通院給付金と別に日額5000円を支払います。

入院日数の有無は問いません。
通算で120日までが対象です。

<がん高度先進医療給付金>
保険適用外の先進医療を受ける場合
6~140万円の範囲内で給付金が下ります。
1年に5回が上限、通算金額は上限なし。

<在宅療養給付金>
20日以上継続入院し医師の指示により
在宅療養となった場合に15万円。

<在宅緩和ケア初期給付金>
余命宣告後の在宅末期医療を受ける場合
一時金として10万円。
さらに最大180日を限度に1日五千円を支払う。

<死亡保険金>
がんを直接の原因として亡くなると15万円。
がん以外で亡くなると5万円。

既に売り止めになっている商品ですから
年齢ごとの保険料は割愛します。
内容を考えれば保険料は安いです。

そして、現場でよく受ける質問が
この保障内容で
現在のがん治療に対応できるのか?

一部そぐわなくなっている箇所もありますが
「基本対応できる」
そう言っていいでしょう。



21世紀がん保険アフラック評判2
最新のがん保険と比べ劣っている点は?

21世紀がん保険の保障内容は
現在のがん治療に一部そぐわなくなっている。
先ほどそうお伝えさせて頂きました。

では、具体的にどのような点なのでしょう?

まず、近年のがん保険のトレンドが
「がん診断給付金が何回でも受け取れる」
になりつつあります。

がん保障で最も重要でありがたいのが
この診断一時金。

発がんした方のほとんどが
再発や転移の不安との戦いになります。
休職しなければならないこともあります。

がんはお金のかかる病の代表です。
診断一時金が何回でも受け取れるのは
そんなときに心の支えにもなるのでしょう。

21世紀がん保険に入っていて
がん診断一時金が何度でも受け取れる保障を
希望なさる方は少なくありません。

次に、
がん治療は入院・手術による治療から
通院治療が主流へと変わりつつあります。

21世紀がん保険も
通院給付・特定治療給付を備えていますが
支払いの条件や日数に縛りが…

連続5日以上の入院後の通院
一通院最大30日間まで
特定治療通院も通算120日まで

最近はがんでも入院も手術もしない。
このようなケースが増えています。

そして、
入院よりもむしろ通院治療の費用がかさむ。

21世紀がん保険は
入院しないと通院給付金は対象外です。
それも連続5日以上の入院が必要です。

通院治療が長期間にわたることも多く
上限日数をオーバーすることもあるでしょう。

抗がん剤治療(ホルモン療法含む)の場合も
昨今の抗がん剤治療に特化した保障と比べると
見劣りはしてしまいます。

先進医療も最大で140万円。
重粒子線治療などは300万円かかるとも言われ

通算2000万円が当たり前となった
先進医療特約からすると「間に合うのかな?」
そう感じる方もいるようです。

細部を見だしたら
キリがなくなってしまうのでしょうが
万が一に備えるための毎月の保険料です。

不安や心配があるのだったら
最善のカタチへと修正・改善しておきたい。
そう思う方は少なくありません。

特に、身近で発がんされた方がいる方ほど
そのように感じることが多いようです。

21世紀がん保険 アフラック 評判3
課題もあるのはわかったがどうすればいい?

では、
具体的な見直しは
どのようにすれば良いのでしょう。

基本、現在のがん治療に対応できる
がん保険ではありますが
見直す方法は二通りです。

一つは現在の保障を継続し保障を追加する。
特に、診断一時金複数回、通院治療、
抗がん剤治療、先進医療です。

アフラックもそこは考えており
オプション的な追加・上乗せ専用の
がん保険を扱っています。

パターンも何種類かあり
要望や金額に合わせ選ぶことが出来るので
それらを利用するのも手です。

その際、21世紀がん保険の
優先順位の低い特約は
削ってしまっても構いません。

手続きは面倒なうえ、手数料も減り、
契約担当者は嫌がるかもしれませんが…

また、
アフラックに加入しているからと言って
同じ会社で見直すばかりでもありません。

他の会社を使うもありです。

21世紀がん保険は終身タイプなので
比較的保険料の安い定期タイプで
一定期間補填するのもいいかと思います。

そして、二つ目の方法は
新たながん保険に入り直す。
イコール解約ということです。

年齢、契約時期、保障内容、保険料予算、
様々なケースがあり一概には言えませんが
原則としてこれはお勧めしません。

21世紀がん保険は
ベースとなる保障に対する保険料は割安で
しかも、終身保障です。

若いときに入った有利な条件は
なるべくなら引き継ぎたいものです。

但し、あくまで「原則」として。
いろんなケースがありますから
参考までにということでご了承下さい。

21世紀がん保険アフラック評判4
不足する部分は預貯金でカバーも得策

医療技術・制度の変化は
めざましいものがあります。

一昔前までがん治療と言えば
長期の入院、大手術が当たり前で
これらを補うのががん保険の存在意義でした。

昨今は、治療方法の変化等から
古いがん保険(特に昭和のもの)は
使えなくなりつつあります。

これは保険会社や商品の責任ではありません。

そのうえで、
21世紀がん保険は残すべきだと思います。
なぜなら保険料が安いからです。

しかしながら、
お伝えしてきたように弱点もあります。

がん治療も多様化しており
「とりあえず入っておけばいい」
という時代ではなくなっているのでしょう。

がんはその方やご家族の人生に
大きな影響を及ぼす病の一つですから
継続にしろ修正にしろ
慎重に行っておきたいです。

やはり、誰に相談をするのか?
ここがポイントではないでしょうか。

がん治療の現実・現場を良く知っている。
会社や自分の都合よりも
お客様の立場や気持ちを優先してくれる。

商品選びよりもこちらの方が
遥かに難しく重要なのでしょう。

21世紀がん保険のメリット・デメリットを
論じるばかりでなく
「預貯金でカバーする方法もありますよ」

こんな選択肢も加えてくれる
保険マン・FPetc.と出会えたら最高ですね。


相談件数300名突破!

約80%の方が保険料の節約に成功

↓詳しくはこちら↓(2019年最新の保険情報対応)





【PR】講演会情報:参加お申込みはこちら
運営者がお世話になっている佐藤康行先生の講演会のご案内

関連記事

  1. アフラックの「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER」の評判 三大疾病保障が付加できる引受緩和医療保険

  2. スーパー介護年金プランⅤタイプ アフラックの評判 積立しながら介護保障もしてくれるって本当!?

  3. がんベスト・ゴールドα AIG富士生命の評判 診断給付金が大きく一線を画するガン保険

  4. スマイルセブンα・朝日生命 評判の真相を知りたい。

  5. がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命 評判の保険料が全額戻るに落とし穴はないのか?

  6. 評判のいいガン保険「勇気のお守り・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」デメリットはないの?

  1. 生命保険比較大辞典2

    引受緩和型医療保険の評判 誰にでも必要な保険なのだろうか?

    2018.10.18

  2. 生命保険比較大辞典ヘッダー2mini

    ティーペックの評判 このサービスだけで保険を選ぶ価値はあるのだろ…

    2018.10.17

  3. CMが評判のアフラックの給与サポート保険 家を建てた人は入った…

    2018.09.07

  4. 生命保険比較大辞典ヘッダー2mini

    ゴールドメディワイド AIG富士生命 評判の健康ボーナスは得なのか損…

    2018.09.06

  5. 生命保険比較大辞典2

    「たすけあい」CO-OP共済の評判 民間の医療保険と比べてどうなんだ…

    2018.09.05

  6. がん保険「Believe(ビリーブ)」オリックス生命の評判 女性にお勧め…

    2018.09.04

  7. 生命保険比較大辞典ヘッダー2mini

    県民共済 入院保障2型の口コミと評判 やはり抜群の保障内容とコスパ…

    2018.08.26

  8. 21世紀がん保険 アフラックの評判 このまま継続?それとも見直す?

    2018.08.24

  9. フェミニーヌ 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の評判 掛け金は高…

    2018.08.22

  10. アクサダイレクトの見積もりが安い理由は? 終身医療保険の評判を探…

    2018.08.21

  1. 生命保険比較大辞典2

    さいふにやさしい医療保険 AIG富士生命の評判 本当に財布にやさしい…

    2018.08.14

  2. グループ保険とどちららを選ぶ

    グループ保険と民間の生命保険 どちらを選ぶ

    2018.04.10

カテゴリー一覧

セールスマン向け情報