がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命 評判の保険料が全額戻るに落とし穴はないのか?

がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命 評判の保険料が全額戻るに落とし穴はないのか?

払った保険料が全額戻ってくるガン保険!!

東京海上日動あんしん生命から
(以下あんしん生命と記載)
そんな保険が登場し注目を集めています。

多くのガン保険がカケステタイプのなか
この「がん診断保険R」は一定の年齢で
払った保険料が全額戻ってきます。

「ガンにならなかったら保険料はムダになる」
「だから、ガン保険は必要ない」
「ガンに対する保険料は勿体ない」

そう考える方は少なくありません。
がん診断保険Rは、
その「勿体ない」をクリアにした保険です。

ガンにならなければ70歳の時に
払った保険料が全額返金されます。
一見、超お得なガン保険です。

では、デメリットはないのでしょうか?

今回はがん診断Rの特徴、
メリット・デメリット、どんな方にお勧めか?
これらを記事にしてみました。

がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命
評判1 本当に払った保険料は全額戻るのか?

この保険70歳までにガンにならなければ
(診断給付金をもらわなければ)
それまでの保険料は全額返金されます。

この点は画期的です。

70歳以降は保険料を払えば
保障を続けることができます。

70歳以降の保険料は戻りません。
保険料は加入時のまま上がりません。

あんしん生命の販売網もあり
人気・売れ行きも好調のようです。

では、保障内容はどうでしょう?

概略をカンタンに解説すると、
2つの基本保障があります。
健康還付給付金と診断給付金の2つ。

この2つの基本保障に加えて
下記がオプションになります。

・診断保険金
・入院通院保障
・ガン三大治療と先進医療

これらの保障内容を
もう少し詳しくみていくことにしましょう。

がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命
評判2 保障の内容はどうなんだろう?

払った保険料が全額戻ってくる!
これはありがたい話ですが
そうは言ってもガン保険です。

莫大な費用がかかるガン治療ですから、
イザというときの保障内容は
しっかりと確認したいところです。

まずは基本保障から。

1、診断給付金

悪性新生物・上皮内新生物と診断されると
ガン診断給付金が受け取れます。

100万円コース・200万円コース
からの選択です。

2年に1回が限度で無制限なのですが
上皮内新生物に関しては1回のみです。
2回目以降の診断給付金は受け取れません。

2、健康還付給付金

がん診断保険Rの最大の特徴なのです。
70歳までにガンにならなければ、
それまで払った保険料が全額受け取れます。

支払ってきた保険料がムダになりません。
貯金と同じ!?との見方も出来るかも…

ガンになり診断給付金を受け取ったとしても
支払保険料の方が多ければ差額が戻ります。

仮に70歳までに150万円保険料を払った。
途中、診断給付金を100万円受け取った。
この場合は50万円が返金されます。

受け取った診断給付金が
支払った保険料を上回っているときは
健康還付給付金は受け取れません。

注意点として、
保険料が戻る部分は
基本保障のみが対象です。

ここからお伝えするオプション(特約)に
関する保険料は返金になりません。
3、診断保険金

ガン診断給付金と別に診断保険金があります。
これは初めてガンと診断された場合にのみ
保険金が受け取れるオプション(特約)です。

保険金は100万円で
上皮内新生物は対象になりません。

どうしても必要なオプションでは
ないかもしれませんがガン治療で
かかるお金は治療費ばかりではありません。

特に自営の場合は収入減、他ウィッグetc.
様々な経済的リスクが考えられます。

予算に余力があれば
つけておいてもいいでしょう。

4、入院・通院保障

ガン治療の流れは入院治療から
通院治療へとシフトしています。

そして、
入院よりも通院治療の方が、経済的負担が、
大きいケースも珍しくありません。

入院の日数も減少しているとはいえ、
ガン治療の場合、個室(差額ベッド)
での治療が多いようです。

入院は10000円と20000円、
通院は5000円と10000円、
どちらかのコースを選ぶとこになります。

5、ガン三大治療・先進医療

ガンで所定の手術、
放射線治療を受けた場合40〜20万円。

抗ガン剤治療を受けると月額10万円まで。
支払は該当月ごとに60ヶ月までです。

健康保険適用外の高度先進医療を受けた場合、
かかった実費をそのまま負担してくれます。

入院・通院・ガン三大治療+先進医療、
ここは医療保険と被らない範囲で
準備しておきたいところですかね。

保障的にはここまであれば悪くないです。

がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命
評判3・注目すべきメリット

がん診断保険Rの特徴と仕組み、保障内容を
知ったところでメリット・デメリット。

そして、
どんな人にお勧めかをまとめてみましょう。

この保険の最大のメリットは、
何と言っても健康還付給付金です。

今や二人に一人はガンになる時代です。
逆に言うと二人に一人はならない。

がんにならないだろう、現実味がわかない。
そんな思いからガン保険に入っていない方も
少なからずいらっしゃいます。

もしくは、
加入していてもガン保険へのコストを
疑問視している方もいるでしょう。

そのような方であれば、
ガンになったら保障を受けられる。
ならなければ保険料は返金してもらえる。

これは他のガン保険にはマネのできない
大きなメリットだと思います。

もうひとつ、この保険に加入すると、
あんしん生命が提供する
5つのサービスが受けられます。

その5つのサービスは下記のとうりです。

・メディカルアシスト
・がんお悩み訪問相談サービス
・人間ドッグ・脳ドッグ・ガンPETサービス
・からだ予測ナビ
・介護お悩みサービス

私は使ったことがありませんし、
利用者の声も聴いたことはありませが、
資料を読む限り利用価値は高そうです。

情報が入り次第お知らせしたいと思います。

がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命
評判4 デメリットは…どんな人にお勧め?!

次にデメリットです。

まず、他社と比較して保険料は高いです。
おおよその目安として、
同程度の保障と比較して2〜3割増しです。

勿論、
ガンにならなければ保険料は戻ってきます。

しかし、発ガンすると、
返金は受けられない可能性が高いです。

返金は受けられず、保険料は高いので、
結果、高い保障コストになってしまいます。

しかも、
この保険には支払い免除がありません。

そして、私が懸念するのは、
このガン保険に加入すると
途中での見直しが難しくなるのでは?です。

健康還付給付金が貰えるのが最大の魅力です。
ですがそれは数十年後の話。

そして、70歳までこの保障
この保険を続けるが前提です。

その間、ガン治療は、
刻々と変わっていきます。

ガン保険もそれに沿った内容に
進化していくものと思われます。

現在の保障内容で
将来のガン治療に対応できるのか?

現実問題、
30年前の昭和のガン保険の内容だと、
現在のガン治療には対応しずらいです。

がん診断保険Rは
保険会社の戦略・マーケティング的には
面白いところを突いています。

厳密に言えばライバルがありません。

ですが、あくまでガン保険なので、
どのような方にお勧めかを綴って
この記事を〆たいと思います。

がん診断保険Rは
ズバリ下記のような方にお勧めです。

ある程度ガンにならない予測・自信がある。
保険料を安全保障料と割り切れない。
その上でガンへの備えをしておきたい。
逆に、
ガンに対する備えは大いに必要で
それにかかる負担は無駄な出費でない。

もし、あなたがそうお考えなら、
他の選択肢の方が良いような気がします。

保険商品の優劣・個性よりも
あなたが保険にどんなニーズを求めるのか?
それを明確にするのが一番大切なことです。