高い評価の「チューリッヒ生命・終身ガン治療保険プレミアム」のメリット・デメリット

高い評価の「チューリッヒ生命・終身ガン治療保険プレミアム」のメリット・デメリット

チューリッヒ生命から
ちょっと変わった
ガン保険が登場しています。

 

「終身ガン治療保険プレミアム」です。
このガン保険、
どこが変わっているのかと言いますと、

 

従来のガン保険はこのようなスタイルでした。
ガンと診断されたら一時金〇〇万円、
手術〇〇万円、入院・通院〇〇万円、

 

終身ガン治療保険プレミアムは、
基本(業界では主契約と呼びます)、
「放射線治療・抗ガン剤・ホルモン剤治療」
これらの治療のみを保障しています。

 

発売から3年が経ちましたが
保険料の安さもあってかなりの人気です。

 

勿論、従来のガン保険のような、
診断給付金、入院、通院、手術給付金等も
オプション(特約)で付けられます。

 

その上で、安いのはありがたいけど、
この保障でいざというとき困らないのか?
そのような声も耳にします。

 

「終身ガン治療保険プレミアム」は
使えるガン保険なのか?否か?
メリット・デメリットを探ってみましょう。

 

 

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム
評判1 他社にないユニークな保障内容

まずは概要を箇条書きにしてみました。

 

・一生涯保障は続く、保険料もあがらない
・いわゆるカケステタイプ
・基本保障の保険料はかなり安い!!

 

・放射線治療、抗ガン剤治療、ホルモン剤治療
 この治療の際に給付金が受け取れる
・診断給付、入院通院手術給付等はオプション

 

・上皮内新生物も同額の保障
・ガン診断給付は2回目以降は入院が条件
・自由診療は保障なし
・ちょっと変わった保障内容だが
 ガン治療の時代の流れには沿っている
・無料で「メンタルヘルスサービス」が付く
こんなところでしょうか?

 

では、
このガン保険は、
どのような方に向いているのか?
メリット・デメリット・契約時の注意点など
詳しくみていくことにしましょう。

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム
評判2 メリット
ムダのない保障内容で保険料の安さを実現!

終身ガン保険プレミアム最大の特徴は
「放射線・抗ガン剤・ホルモン治療を受けたら
給付金が支払われる」との保障内容です。

 

従来のガン保険とは一線を画しています。
単純に他社との比較もしずらいが本音です。

 

そこで、ガン治療の現状をみてみましょう。

 

現在、ガン治療は、
通院治療が主流になりつつあります。
今後ますますこの傾向は続くでしょう。

 

発ガンしても入院しない、手術もしない。
このようなケースが増えています。
けれどもお金(治療費)はかかります。

 

そんな時代において、
これら三つの治療が保障されるというのは
ムダがなく費用対効果が高いと言えます。

 

「放射線・抗ガン剤・ホルモン剤治療だけ…」
「これだけでは不安だ!!」
そのような声もあろうかと思います。

 

そのような方は、
診断・入院・通院・手術給付金特約等を
それぞれつけることが出来ます。

 

ただ、ガン治療の現状を考えた場合、
特に高額になる治療費用を考えると、
この三つの治療を外すことは考えづらいです。

 

発ガンしたら、数ケ月、もしくは数年間、
ガンと闘っていかなければなりません。

 

長く付き合わなければならないガン治療。
「この三つの治療の際に保障をしてくれる」
のはガン治療の現状にマッチしています。

 

また、ガンとは言っても、
高度先進医療のような治療をのぞいては
入院中はそれほどお金はかかりません。

 

高額療養費制度がありますから
手術があったとしても
毎月の医療費は10万円未満です。

 

主契約の給付月額を
10万円に設定したとして(最低ライン)
長期にわたるガン治療に対応できます。

 

この最低ラインの給付金額「10万円」で
30歳男性特約なしだと毎月の保険料は
なんと680円!!!

 

保障内容が違うので単純比較できませんが、
他社である程度のプランを選ぼうとすると
2000円くらいの保険料です。

 

また、一般的にガン保険は、
上皮内新生物は給付金が対象外、
もしくは満額出ないケースが大半です。

 

終身ガン治療保険プレミアムは
上皮内新生物も保障対象になり
給付金も悪性新生物と変わりません。

 

闘病する方たちはご家族も含め
病そのものや治療費用と別に
もう一つの敵と戦わなければなりません。

 

それは「心の悩み」です。
ガンを通じて心を病んでしまった。
このような方は相当数いらっしゃいます。

 

この保険に契約すると
ライフケアパートナーズの
メンタルヘルスサービスが受けられます。

 

このサービスは
「心の悩み」に関する相談を
無料でしてもらえます。

 

電話・メール・対面の相談方法があり
臨床心理士、精神科医、産業カウンセラーetc.
専門家が対応してくれます。

 

本人だけでなくご家族も利用可能で、
非常に心強いサービスです。

 

 

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム
評判3 デメリット 自由診療には向かない…

昨今、
ガン治療の自由診療が注目を集めています。

 

健康保険適用外の
免疫療法や放射線治療などです。

 

抗ガン剤も欧米で開発され
成果もすでに認められているのだが
日本では未認可との場合も多々あるようです。

 

これら日本で未認可の治療を行う場合、
健康保険の対象外であるため、
この保険から給付金が受け取れません。

 

ガン治療が多様化する中で
この部分はちょっとイタイかなと…

 

尚、近日中に新しいタイプが出るようです。
新商品の改善改良を期待します。

 

これに対応するためには
ガン診断給付金特約を付ければ良いです。

 

しかし、診断給付金100万円、
入院通院10000円、手術、先進医療特約、

 

他社で一般的なこれらの特約を付けると
保険料は安い部類ではなくなります。
むしろちょっと高めかなと。

 

それと、ガン診断給付特約を付けた場合、
初回のガンは診断確定で給付なのですが、
二回目以降は入院しないと貰えません。

 

今後、ガン治療は、
通院治療が主流になる傾向が強いです。

 

通院治療だけでは給付金が受け取れない。
これはちょっと心もとないと感じ
デメリットにあげさせて頂きました。

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム
評判4 まとめ〜どのような人が選ぶべきか?

結論から先に、一言で言い切ると、
現在のガン治療にはお勧めです。
健康保険適用内のガン治療に対してです。

 

治療費が高額になる長期の治療に
効率よく安い保険料で準備ができます。

 

そうゆう意味でコストパフォーマンスは
大変に高いガン保険です。

 

数多いガン保険の中でも
トップクラスにお勧めです。

 

但し、効率化を追求したがゆえ、
保障に融通がききません。
ここらへんは良し悪しでなく個性です。

 

短期間のガン手術、
主契約3つの対象外となる治療、
これらにも保障がないと心配だ。

 

いつどんなガンになるかわからない。
どんな治療を受けるかわからない。

 

多少のコストはかかっても
幅広く不測のガン治療に備えたい。
そのような方には不向きです。

 

年齢にもよりますが
月々4000円〜5000円を超えるような
ガン保険は家計的にツライ。

 

またガン保険にそこまでの価値を感じない。

 

なるべく安い保険料で高額になるガン治療の
経済的な負担を最低ラインクリアにしたい。

 

そう言った方には強くお勧めできる保険です。

 

 

保険の評判まとめ

新キュアについて

 

医療保険

    新・健康のお守り 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

    新キュアレディ オリックス生命

    スマイルセブンα・朝日生命

    リターンズ メットライフ生命

    ソニー損保SURE

    リリーフダブル・オリックス生命

    「スーパー上乗せ健保」AIU損害保険

    アクサダイレクト

    ちゃんと応える医療保険EVERアフラック

    新自分への保険・ライフネット生命

    さいふにやさしい医療保険 AIG富士生命

    楽天生命の医療保険 楽天スマート2

 

 

ガン保険

    高い評価の「チューリッヒ生命・終身ガン治療保険プレミアム

    勇気のお守り・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

    がん診断保険R・東京海上日動あんしん生命

    メディフィットPuls・メディケア生命

    がんベスト・ゴールドα AIG富士生命

    「Believe(ビリーブ)」オリックス生命

    楽天生命の医療保険 楽天スマート2

    がん治療支援保険NEO・東京海上日動あんしん生命

 

介護保障保険

    プライムステージ 朝日生命

    長生き支援終身・東京海上日動あんしん生命

    あんしん介護・朝日生命

    スーパー介護年金プランXタイプ  アフラック

 

 

就業不能保険

    「働けなくなったときの保険・太陽生命

    くらすプラス・チューリッヒ生命

 

 

引き受け緩和型保険

 

誰でも入れる保険

    新キュアサポート オリックス生命

    メディカルキットラブ 東京海上日動あんしん生命

    ゴールドメディワイド AIG富士生命

    引受緩和型医療保険

 

 

無選択型医療保険

    まかせて安心医療保険 Chubb損害保険

    アフラック「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER

    メディカルキットラブRあんしん生命

     

 

特定疾病保障保険

    ソニー生命リビングベネフィット

    からだプラス  ネオファースト生命

     

 

生命保険の解約に関するギモン

  1. 生命保険を解約したくなったとき知っておいてほしいこと
  2. 終身保険の解約や見直しは本当に必要なのだろうか?
  3. 生命保険の解約、どこから手をつければ良いのでしょう?

 

離婚したら生命保険はどう見直す

  1. 離婚しました。生命保険の見直しは必要でしょうか?
  2. 離婚後の生命保険 シングルマザーになったら
  3. 離婚後の生命保険 シングルファザーになったら

 

保険料が払えなくなったら・・・

  1. 保険料が払えない!あなたの生命保険を守る5つの対策
  2. 保険料はいくらくらいが適切なのでしょう

 

保険の更新に関する疑問

  1. 保険の更新で生命保険料を高騰させないために注意すべきこと
  2. 保険料が上がる!そうならないために知っておいてほしいこと・上
  3. 保険料が上がる!そうならないために知っておいてほしいこと・下

 

生命保険はいらないを検証してみる

  1. 医療保険は「いらない」を検証してみる。
  2. 生命保険はいらない!?専業主婦に保険は必要なのだろうか
  3. 学資保険はいらない!?を考えてみる
  4. 医療保険はいらない!?いざ入院したときを考えてみる

 

保険会社が倒産したらどうなるの?

  1. 保険会社が倒産すると私の契約はどうなるの?
  2. 保険会社倒産の可能性(健全性)をみる指標

 

保険と共済の違いは

  1. 保険と共済はどう違う? 医療保障系共済の実力を調べてみる
  2. 「たすけあい」CO-OP共済の評判 民間の医療保険と比べてどうなんだろう?

 

アカウント型終身保険の正体

  1. アカウント型終身保険の正体を知る

 

長期入院保険、どのぐらいの入院日数が適切か

  1. 長期入院への保険の備え 入院保障日数は何日型を選ぶ?

 

高齢者の医療費はどのぐらい準備すべきか

 

新社会人が生命保険を考えるポイント

 

住宅ローンと生命保険に関するギモン

 

告知義務違反の事項について

 

保険金の不払い、どのように対処したらいいの

 

保険金請求に時効はあるのか

 

保険金を請求するときに注意して欲しいこと

 

なかなか聞けないグループ保険の事実