ソニー損保SURE 評判のガンに強い医療保険との実力を分析してみた

ソニー損保SURE 評判のガンに強い医療保険との実力を分析してみた

自動車保険で有名なソニー損保。
「SURE」という医療保険を扱っており
なかなかの人気のようです。

SUREベーシック、SUREスマートフィット
SUREワイドの三種類があるのですが
なかでもガン保障重視がSUREワイド。

保険料は安くありませんが
厚くがんへの備えをしたい方は
知っておきたい保険のひとつです。

今日はこの医療保険SURE、特に、
SUREワイドは本当にガンに強い保険なのか?
そんな視点で記事を書いてみました。

SURE(ワイド) ソニー損保 評判1
ひとつでムダがない医療保険+ガン保険

一言で特徴を言い切ると
医療保険ひとつでガン保険(保障)
もカバーできます。

まずはポイントを箇条書きにします。


・ガンへの保障がかなり厚い
・病気ケガを1回120まで保障
・60歳以降は保険料半額プランもあり
・終身払いしかできない
・他社と比べ保険料は安くない
・定期タイプはなく終身のみ

次に加入例をあげます。
SUREワイド(ソニー損保)の加入例
30歳 男性 終身払い

・月額保険料:3,387円
・入院給付金日額:5,000円
(がんは日額10,000円に増額)

・1入院限度日数:120日
(がんは日数無制限)

・入院給付金:種類により5万円
(がんは20万円)

・先進医療保障:通算2,000万円まで
・がん診断給付金:100万円
・がん放射線治療:1回につき20万円
評判のとうりガンへの備えは厚そうです。

?SURE(ワイド) ソニー損保 評判2

SUREワイドのメリット
がん保障の手厚さをもう少し詳しく
みていくことにしましょう。

がんによる入院が
保障日数無制限である点は
他社の医療保険でも見かけられますが
入院1日当たりで支給される金額が
5,000円〜10,000円(2倍)
に増額されます。

保険会社が言うほど
入院にお金はかかりません。
ただ、ガンだけは別格。

治療も個室になることが多く
日額が倍になるのは心強いですね。


そして、「がん一時金」が100万円。
2年に1回を限度に何回も受け取れます。

2回目以降も診断確定の時点で支払われます。

ガン治療における平均諸費用が
80〜90万円との白書があります。

心配しだしたらキリがないのでしょうが
とりあえず「100万円」
あればというところでしょう。

何度でも受け取れますから
ガンの再発・転移などへの
経済的な心配は解消できます。

以前、他の商品のページでも綴りましたが
ガン診断一時金が「診断」でおりるか?
「入院・手術」でおりるのか?

この違いはことのほか差があります。

現在のガン治療は入院・手術をせず
通院が主流になりつつありますから。
これもひとつの安心につながるでしょう。

但し、
上皮内ガンは20万円で1回のみ
となっています。

さらに放射線治療も先進医療も保障。
骨髄ドナーの給付金まであります。

医療保険によるがん保障としては
トップクラスと言ってもいいでしょう。
がん以外の入院保障も悪くない
がん以外の入院保障はどうでしょう?
病気ケガでの入院すべてを
120日までとしています。

一入院60日上限が主流の中
差別化できる部分ではないでしょうか。

SURE(ワイド)ソニー損保 評判3
厚いガン保障ゆえにコスパが測りづらい

SUREワイドは医療保険に
ガン保険がプラスされた保険。
そう考えるとわかりやすいです。

ですから、保険料は安くはありません。
他社の医療保険にガン一時金特約(50万円)
をつけても2000円台で済みます。

保障の内容や給付の条件が良いので
安くないのは致し方ないのですが…

安くて内容の良い医療保険が
続々と登場してくる中
「医療保険にこの保険料はちょっと!」

家計の節約・リストラに
向き合わなければならいご家庭が多い中
こんな声も聞こえてきそうです。

保障内容の注意点としては
通院給付がつけられません。

ガンは通院治療が主流になりつつある昨今、
ちょっと寂しい気がします。

それと、
手術給付金は1泊以上の入院が必須です。
他社のように日帰りでは給付されません。

ガンでの入院が無制限、一入院120日、
これらも良いことで安心なのですが、

三大疾病による入院は無制限。

七大生活習慣病は120日迄延長。

このような保険が登場しているなか、
大きな売りにはならない。
そう感じる方もいらっしゃるでしょう。

SURE(ワイド)ソニー損保 評判4
どんな人がこの保険を選ぶべきか?

ソニー損保SUREシリーズから
人気の「SUREワイド」を
取り上げ解説してきました。

「SUREワイド」の保障内容や
コストパフォーマンスは
全く悪くありません。
特にガンに厚く備えておきたい。
このような方には
高い買い物にはならないでしょう。
保険料は安くないと書きましたが
医療保険によるがん保障としては
トップクラスの内容です。

「多少高めの保険料でも良いから
がんになるべく手厚く備えたい」
このようなニーズは十分に満たせる保険です。

逆に、自分にはどんな保障が必要か
見極めたうえで
リーズナブルに保険を考えたい。

そうであれば、
シンプルな医療保険、ガン保険を
選ばれる方が良いと感じます。

また、ガンに対しては厚いのですが
「ガン以外の三大疾病の方が怖くて心配」
このような声も良く耳にします。

三大疾病保障を厚くしておきたいなら
やはり他の選択肢が
あるのではないでしょうか?

保険を選ぶにあたり最も大切なのは
保障内容の優劣を比較するのも大切ですが


あなたが何にどのくらい備えておきたいのか?

そのシミュレーションを考えてみる。

またそのお手伝いをしてくれる

FP・保険マンetc.を有効活用できるかです。