ガードエックス メットライフ生命の評判 患者2000名の声が活かされたガン保険

ガードエックス メットライフ生命の評判 患者2000名の声が活かされたガン保険

今日はメットライフ生命のガン保険。
「ガードエックス」を取り上げました。

私はこの保険の開発コンセプトが
とても気に入っています。

それは、商品開発にあたり、
約2000人のがん経験者やそのご家族の声を
参考にしながらつくられた保険だからです。

ガン患者の目線と気持ちから
「こんな保障があったら助かるな」
「この保障は必要ないかもな」

そんな、
2000人のガン患者の声が
生かされ反映されています。

現場の患者さんの声に沿っており
がん発症、治療のプロセスに現実的で
ムダのない保障が準備されています。

各メディア等でも高い評価を
得ている理由もそこなのでしょう。

では、
具体的にどのような内容なのでしょう。
早速、みていくことにしましょう。

ガードエックス メットライフ生命 評判1
純粋にガン治療のみを漏れなく保障する

数あるガン保険の中で
ガードエックスの特徴は何でしょうか?

一言で言うと、目立った保障はありませんが、
本当に必要な保障、ガン治療にかかる費用を
しっかりと補填できる保険です。

契約の一例をあげてみました。


35歳男性 保険期間・払込期間:終身 
100万円充実タイプ

○ガン治療 100万円(上皮内新生物50万円)
○ホルモン剤治療 10万円
○保険料払込免除 あり

・がん先進医療 あり
・がん通院 日額5000円
・ガン診断 50万円(上皮内50万円)
・ガン入院 60日まで日額5000円
      61日から日額10000円

・月保険料 4259円(女性5278円)

○は基本保障 ・は特約(オプション)
上記ケースで基本保障のみの月保険料は
男性2232円・女性3467円

ガードエックスの最大の特徴・魅力は
「ガン治療給付金」です。

これは、
「がん診断一時金」とは
似ていますが全く別のものです。

どんな給付金かというと
ガンの三大治療である
「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」

これらガンの三大治療を受けた場合
所定の給付金(50〜100万円)が
支払われるのです。

現代の日本においては
ガン治療の約90%がこの治療なのです。
この給付金は毎年受け取ることができ
通算で最高5回まで受け取れます。

通常ガン保険の診断一時金等は
二年に一回を限度としている保険が多く
毎年受給できる点は
大きな安心感ではないでしょうか?

それも、通常は「入院・手術したら」
との条件がつくケースが多いのですが
ガードエックスは通院のみでも支給されます。
ガン治療は通院が主流になりつつあります。
そのときの経済的損失にそつなく対応可能。
この進取の精神は評価されるべきです。

実際、入院日額や手術給付金重視の
古いタイプのガン保険に加入しており
いざ始まったガン治療に対応ができない。

これは現場でよくある話なのです。

ガードエックス メットライフ生命 評判2
本当に役立つガン保険を目指している!

ガードエックスのガン治療給付金。
これがどれだけ革新的な保障なのか。
さらに詳しく解説していきましょう。

がん治療に費やす期間。
これは人によって大きな差があります。

数ヶ月で終わることもあれば
5年以上続くケースも珍しくありません。

ガン治療費用は
入院・手術よりも他のケースの方が
多額なることがほとんどです。

ガードエックスは
「入院しなくても…」
治療給付金が支払われる。

入院はしない、手術もしない、
でも、治療は長期間にわたり
高額の費用がかかるケースが多い。

これがガン治療の現実なのですが
ガードエックスはガン患者の声に応えている。
従来のガン保険の盲点を埋めています。

治療給付金を毎年一回、最大で五回。
50万円・100万円を支給してくれる。
これは大きなメリットの一つでしょう。

ホルモン剤治療給付金にも
その姿勢があらわれています。

入院・通院を問わず
ホルモン剤治療が開始されたら
1回10万円の治療給付金を受け取れます。

1年に1回が限度で、
通算10回まで受け取ることができます。

長期化する治療にも安心して
臨むことができるのではないでしょうか?

もう一つメリットとして選択の幅が広い
=自分の要望に近い保障がつくれる。
支払う保険料へのコスパが優れています。

一口にガン保障と言っても
求める欲求は人それぞれではないでしょうか?

この保険は
「入院保障」を外すことができます。

「高い保険料を払ってまで
入院保障はいらなかった」
「そのぶんを他の保障にまわして欲しい」

これも、
実際にガン治療に向き合われた方々の
声が集約された結果なのでしょう。

通院治療が主流の現在、
入院保障への保険料は無意味な出費では?
こんな声が少なからずあるのは事実です。

※勿論、入院保障が必要であれば
特約(オプション)で付けること可能です。

ニーズにあった保障を費用対効果を
考えながらつくる(選ぶ)ことができる。

お客様に保障への選択権を持っていただく。
このことを尊重する姿勢もシステムも
この保険の大きなメリットで好感が持てます。

ガードエックス メットライフ生命 評判3
自由診療には使えないガン保険?!

ガードエックスの
最大の特徴でありメリットである
「がん治療給付金」。

これは、
公的医療保険制度の対象となる
ガン三大治療を受けて支払対象になります。

なのですが、
健康保険対象外の自由診療を受けた場合、
これは給付の対象になりません。

特に、近年、ガン治療は多様化しており、
新しい治療薬や治療法が登場しています。
自由診療を選ぶ方も年々増えています。

最新の治療薬などは健康保険がきかない。
そんなケースも少なく在りません。

自由診療で給付金が貰えない可能性がある。
ここはデメリット!!
そう感じる方もいらっしゃるでしょう。

もう一点気になったのが
上皮内新生物は治療給付金が半額です。
50万円→25万円 100万円→50万円。

上皮内新生物とは初期のガン。
症状が進行せず転移の心配のない段階で
欧米ではガンとは言わないのだそうです。

あるドクターいわく、
「上皮内新生物は盲腸を取るのと一緒」

当然、治療費用も少なく、
再発転移の心配もほとんどありません。
内視鏡等で手術は済んでしまいます。

個人的に、その意味からすると、
給付金が半額でも納得なのですが
上皮内ガンも同額保障する保険もあります。

あえて、
デメリット・注意点として
あげさせていただきました。

ガードエックス メットライフ生命 評判4
実用的でがん治療費用の確保には優れるが…

「どの保険会社、どの保険が良いのですか?」
現場でよく受ける質問です。
これはとても難しい質問です。

ガン保険に限りませんが、
性別・年齢、様々なニーズがあります。

それを詳しく聞いてみないと
お答えのしようがありません。

この保険はどなたにでもお勧め!
そう言い切れる保険はありません。
どの保険にも長所・短所は必ずあります。

そのうえで、ガードエックスは、
現代のガン治療にマッチしているとの点から
お勧めできるガン保険の一つです。

ガン治療経験者の声をもとにつくられた。
この謳い文句に偽りはありません。

ちょっと変わった保障内容ですが
実用的な使えるガン保険です。

「がん治療費のみを確実に補填できればいい」
特にこのような方に向いています。
がん治療費の保障に関しては相当優秀です。

保険料も保障内容を考えれば
高くはないでしょう。
優れたコスパと言い切っておきます。

ただ、男性はそうでもないのですが
女性の保険料が割高なのが気になりました。

逆に、
ガン保険に治療費用の補填以外を求める人。

例えば、自営業などでがんで休職。
休業補償や資金繰りの対策も兼ねたい。
仕事に穴が空くからローンの返済が心配。

女性の場合ですと、
乳房再建費用、ウィッグ、育児ヘルパー等
純粋な治療費用以外が気になる。

このようなニーズにはこの保険は適しません。

がん治療費用の確保・補填には
高いコスパを発揮しますが
やはりメリットばかりではありません。

お勧めのガン保険の一つではありますが
最も大切なのはあなたのニーズです。

あなたのニーズを明確にする。
ニーズを引き出してくれる保険マン、
保険相談etc.を利用する。

あなたがどんな保障を求めているのか?
あなたの優先順位を明確にするのが
良い保険選びの第一歩です。