新キュア オリックス生命は評判どうりの内容か?

新キュア オリックス生命は評判どうりの内容か?

数ある保険商品の中で

とかくご相談が多いのが医療保険です。


どこの保険会社も

稼ぎ頭にしたい分野なのでしょうか?


各社が特徴や個性、

独自のコンセプトを出し合い

しのぎを削っています。


一昔前と比べれば

甲乙がつけられないくらい

価格的にも内容的にも洗練されてきました。


そんな多様化する市場の中で

生命保険、医療保険、

何をどんな基準で選べばいいのかわからない

このような声を頂くことが少なくありません。


あなたの目的や状況に応じて

一番ふさわしい保険商品は何なのか?


迷わずに選んでいただける

お手伝いができればと思いました。


日頃、保険相談をしている立場から

人気のある保険商品のメリット・デメリットを

綴ってみようと思います。


今日はオリックス生命の

新CURE(キュア)を取り上げました。


マネー雑誌等のお勧め保険ランキングなどでは

決まって上位に登場していますが

内容を見てみるとそれもうなづけます。

 

 

新キュア オリックス生命の評判 1

オリックス生命ってどんな会社なの?


まず、

オリックス生命についてですが

プロ野球のオリックスバッファローズの


親会社オリックスグループが

100%出資している日本の保険会社です。


以前は法人保険が主力だったせいか

知名度は高くないかもしれませんが

決してマイナーな会社ではありません。


安定した顧客を持つ堅調な会社の一つです。

経営的にも全く問題ありません。


各付会社の保険金支払い能力でも

おおむね「A」ランクという

他社と比べても高い評価を得ています。


営業職員(生保レディ等)はおかずに

保険代理店による販売と

通信販売に力を入れています。


それにより、人件費を削減することが可能で

かなり割安な保険料で内容ある保障を

提供することができています。


「お客様のニーズにしっかりと応え

シンプルでわかりやすい保険を

適正な保険料で提供する」


これが会社の方針とのことで

特に、保険料の安さ

給付金支払いのスピードの速さ


この2点が

契約者から高い評価を得ているようです。


とくに人気のある

医療保険「新キュア」を

どのような方に向いているのか?


そのような視点で

見ていくことにしましょう。

新・キュア オリックス生命の評判 2

入院日数が最初から多い。


はじめに

終身医療保険とは何なのかを

知っておきましょう。


これはどこの保険会社でも共通する

保険の種類・仕組みです。


医療保険には終身型と定期型

という2つの種類があり

「新・キュア」は終身型の医療保険です。


終身医療保険というのは

一生涯を保障してくれ保険料も保障の内容も

以後何歳になろうが変わりません。


保険料を払いこむ期間は


60歳払込終了

65歳払込終了

終身払い(生きている間ずっと払う)


おおむね、

このような3パターンになります。


住宅ローンに例えると

わかりやすいと思いますが


払込期間が短いと

払う総額は少なくなりますが

毎月(毎年)の保険料は高くなります。


それでは、

保障内容を探ってみましょう。


まず、入院日額の日数制限が

最初から長いことがあげられます。


ご存知の方も多いと思いますが

医療保険で支払われる入院日数は

無制限ではありません。


一生涯通算して1000日前後。

一回の入院で60日~120日。

このようなタイプが一般的です。


これ以上の入院日数の保障を望む場合、

どこの会社でもほぼ可能ではありますが

保険料は割高になります。


新・キュアの場合、

糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全


これらの生活習慣病に関しては

1入院で120日まで保障。


ガン(上皮内含む)・心疾患・脳血管疾患

これらに関しては


1入院での保障日数は無制限。

一生涯での通算日数も無制限です。


上記7つの病を七大生活習慣病と

呼んでいるのですが保障日数が長いとの意味で


生活習慣病での入院に備えたい方には

かなりの安心感が得られるはずです。


上記以外での入院は1入院60日まで。

一生涯での通算限度日数は1000日です。


手術を受けた場合に

日額5千円コースだと10万円。

日帰り手術だと2・5万年。


日額1万円コースだと20万円。

日帰り手術5万円。

が給付されます。


これらが特約でなく(追加料金なく)

はじめから保障されています。

 

 

新・キュア オリックス生命の評判 3

保険料が安くガンの保障もカバーできる。


入院に対する保障はほぼ完備されており

特約なしで加入してもいい内容です。


この内容で見積もりをとってみると

35歳男性 入院5000円 手術10万円。

終身払いで1842円。


この保障内容で

この保険料は

かなりの安さです。


そして、

ガンの治療費用などに備えたい場合は

特約で追加することもできます。


ガン診断給付金特約を付けると

2年に1回を限度に診断給付金が

何度でも受け取れます。


診断給付金75万円の場合、

初めてガンと診断されたとき

(上皮内ガン含む)75万円。


※ 入院日額5000円プランの場合

ガン診断給付金の上限は75万円です。

10000円プランだと150万円。


厚生労働省による「ガン治療白書」によると

ガンの治療にかかる家計からの持ち出しは

平均80万〜90万円とのデータがあります。


これだけでも

「まーなんとか間に合う!?」

というところかもしれません。


2回目以降、

ガン治療を目的として入院すると

入院日額の100倍。


日額5000円だったら50万円。

日額10000円だったら100万円。

これらの診断給付金が支払われます。


ガン通院給付金特約をつけておくと

ガンの治療を目的で通院した場合

入院日額と同額が支払われます。


保険料を見てみましょう。


ガン診断給付金は日額5千円で75万円。

日額1万円で150万円で設定しました。

ガン通院給付あり終身払いです。


35歳男性 特約なし

入院日額5000円 ⇒ 1842円

入院日額10000円 ⇒ 3532円


35歳男性 ガン特約あり 

入院日額5000円 ⇒ 3467円

入院日額10000円 ⇒ 6822円


35歳女性 特約なし

入院日額5000円 ⇒ 1822円

入院日額10000円 ⇒ 3522円


35歳女性 ガン特約あり 

入院日額5000円 ⇒ 3365円

入院日額10000円 ⇒ 6617円


似たような条件で比較すると

2016年6月現在、

保険料は業界トップクラスに安いです。


ガン給付金特約を付けても

やはりトップクラスの安さ。

そう言って間違いありません。


但し、これは男性の場合です。

女性の場合はトップともいえません。

それでも十分に安いクラスではありますが…

新・キュア オリックス生命の評判 4

T-PEC社の健康相談サービスが

無料で受けられる。


もう一つ新CURE(キュア)の

良い点があります。


それは、

「とてもわかりやすい」

という点です。


個人的に

これはとても大事なこと

だと思っています。


各社の医療保険のホームページを見ると

オリックス生命のわかりやすさは

群を抜いているのではないでしょうか?


理由のひとつは

特約が最小限に抑えられているからです。


この医療保険には

必要最小限の特約しかありません。

この特約の少なさも保険料の安さの一因です。


けれども、先進医療・ガン、

大切な部分だけを準備してくれています。

(大きな治療費用等のかかる部分)


そして、

先進医療特約も終身型ですので

将来保険料が上がることがありません。


特約が多いことは

様々なニーズに答えられる

ということにもなるのでしょうが


一般の方が数ある特約の中から

費用対効果も含め本当に何が必要なのかを

見極めるのはとても難しいことと思うのです。


「医療保険の特約、何が必要なのか?」

「特約をどう組み合わせれば良いのか迷う」

保険相談の現場で良く耳にする声です。


新CURE(キュア)の場合、

お客様の側が最適なカタチを

納得して選びやすいのではと感じます。


さらに大きな付加価値として加入すると


ティーペック社の

24時間健康ダイヤルと


セカンドオピニオンサービスが

無料で受けられます。


このサービスについては

是非知っておいて欲しいです。

ご興味ありましたらこちらをご覧ください。


http://yoihoken.sjf.jp/archives/1212

新・キュア オリックス生命の評判 5

お勧めしたい人・そうでない人

申し込む前の注意点。


割安な保険料で

必要と思われる範囲は網羅されており

これだけで困らないと思います。


生活習慣病の入院に備えたい方には

保障日数が長いとの意味から


コストパフォーマンスは

現在最も高いかもしれません。


注意点としては


ガン一時金は2回目以降は

入院しないともらえません。

※ 初回は診断のみで支払います。


最近は入院せず通院で

ガン治療するケースが増えていますが

このような場合は支払いの対象になりません。


それと、

ガン以外の通院特約がありません。


私は

「医療保険に通院保障はなくてもいい」

そう考えているのですが


「医療保険に通院の保障も必要だ」

そう思われる方も

少なからずおられると思います。


どうしてもガン以外の通院の保障が必要。

との方には不向きかもしれません。


ほぼ、網羅されていると書きましたが

「高額になるガン治療費用が心配…」

「身近にガンで闘病生活をした人がいる」


そのような方には別途

ガン保険の加入をお勧めしておきます。


また、健康状態、過去の病歴等

オリックス生命の審査は厳しめです。

告知書も細かいです。


医療保険、他社では入れたけれど

オリックス生命は入れなかった。

もしくは条件がついてしまった。


このようなケースは珍しくありません。


そういった厳しめの基準をクリアできる人を

対象にしているから

割安な保険料が可能なのかもしれません。

新キュア オリックス生命の評判 6

オリックス生命は保険金の支払いが悪い!?


新キュアに限りませんが、

「オリックス生命は保険金の不払いが多い」

このようなネット記事を目にします。


この真相に迫ってみましょう。

結論から先に、

これは、「全く持っての風評です。」


前にもお伝えしましたが、新キュアは、

告知・引受基準は他社よりも厳しめです。


保険金支払いの際のリサーチ(調査等)も

細かい印象は受けます。


ですが、告知の内容にさえ、

問題がなければ給付金が支払われない

ということはありえません。


オリックス生命に

保険金の不払い・未払いが多い。


このようなデータは持ち合わせてはいませんが

風評の原因は以下のような事が考えられます。


最も、大きな未払い不払いの要因は

「告知義務違反」です。


健康状態等の申告をするときに

重大な事実を告げずに

偽りの報告をしてしまった。


このような場合、

どこの保険会社でも

保険金・給付金は支払われません。


お客様側も、

場合によっては募集する側も

告知を軽く考えがちです。


告知は保険契約を交わす際、

最も重要な約束事です。

軽んじるとえらいことになりかねません。


是非、

「正確な告知をしていただきたい」

と存じます。


告知義務違反については以前記事にしました。

参考までにこちらもご覧頂ければと思います。

http://yoihoken.sjf.jp/archives/241


契約件数の多い会社・保険ほど

事務的なミス・告知義務違反等、

確率の問題で未払い等は多い傾向にあります。


それと、何の世界もそうであるのですが、

人気がある=アンチ・やっかみも多い。


競合に勝てなかった他社・関係者が

根拠のない誹謗中傷をしている。

そんなケースも見受けられます。


とても残念なことです。


未払い・不払いを未然に防ぐ最良の手段は

「信頼のおける担当者・代理店と付き合う」

これにつきてしまうのでしょう。


生命保険も通信販売やネット販売が

珍しくない時代ではありますが

トラブルや行き違いを避けたい。


そのようにお考えでしたら

契約後のフォローも含め

面倒でも対面による加入をお勧めします。


この記事があなたの保険選びの

お役に立てたとしたら幸いです。