医療保険は「いらない」を検証してみる。

医療保険は「いらない」を検証してみる。

「医療保険はいらない」
マネー誌や自称経済評論家の間で
このような論調があります。

世の中にはさまざまな保険があります。
なかでも「いる」「いらない」の意見が
大きくわかれるのが医療保険です。

「医療保険」は本当に必要か?
もしくは、はいらなくても
困らないものなのか?

今日はこのテーマを考えてみたいと思います。

医療保険はいらない
なぜなら社会保険があるから

意外に知られていませんが
日本の社会保障制度はかなり手厚いです。

高額療養費制度、傷病手当金制度など
公的な医療保障制度(健康保険)で

特にサラリーマンの場合は
大部分がカバーできてしまいます。

あなたが長く入院したときのことを
想像してみて下さい。

病気やケガで2ヶ月入院したとしましょう。
2ヶ月を超える入院は極めてレアです。

この場合、医療機関に支払う入院治療費は
特殊なケースの除き多めに見積もっても
20万円程度です。

先ほどもお伝えしましたが
高額療養費との制度があります。
カンタンに説明をしておきます。

健康保険の対象となる治療について
1ヶ月間に支払った自己負担額が
約8万円を超えた場合… …

超えた部分は払い戻されます。

たとえ治療費が
50万円かかろうが100万円かかろうが
あなたの持ち出しは月に8万円ちょっとです。

最大で月に8万円程度の損失補てんを
するために毎月数千円の保険料を
払い続ける価値があるのかどうか?

50万円〜100万円くらいの貯蓄があれば
入院治療費が家計を蝕むことはない。

毎月数千円の保険料は貯蓄に回した方が
遥かに効率がいい。
理論上はそうゆうことになります。

医療保険はいらない
貯蓄で対応した方が効率がいい

さらに入院しても
医療保険から受け取れるお金は
数万から数十万円程度です。
生命保険(死亡保障)のように
数千万円のお金が
受け取れるわけではありません。
あなたが2ヶ月入院したとしましょう。

入院日額1万円の医療保険に入っていたとして
受け取れる入院給付金は60万円です。
(1万円×60日=60万円)

手術もしたとして手術給付金として
20万円受け取ったとしましょう。

合計で80万円との計算になります。
これだけの入院手術給付金が受け取れる
ケースは極めて少ないのが現実です。

この入院手術給付金を受け取るために
一生涯でどれほどの保険料を支払うのか。
考えたことありますか?

あなたが毎月五千円の保険料を
支払っていたとします。

5000円×12ヶ月×20年
=120万円です。
30年だったら180万円。

その間、
入院や手術がなければこれらの保険料は
戻ってくることはありません。

だったら、この保険料を貯蓄に回して
何かあったらそれで賄った方が
賢い選択じゃないか。

貯蓄で対応するから医療保険は不要。
もっともなご意見です。

ですから、
「そのくらいの支出であれば
今の貯蓄で大丈夫」

あなたがそう思うのであれば
「私には医療保険は必要ない」
ご自身でそう判断することができます。

それでも、
FP相談等で関心の高い保険の
ひとつが医療保険です。

そして、すべての人が
「今の貯蓄で大丈夫!」
といえる現状ではありません。

医療保険はいらない
では、
どんな人に必要なのだろう?

実は、
生活保護を開始した世帯の
主な理由として

「働きによる収入の減少・喪失」
「傷病」
「貯金等の減少・喪失」

これらが全体の8割を
占めているとのデータがあります。

貯蓄が乏しいご家庭では
病気やケガで家計の歯車が少しでも狂うと
火の車になる可能性があるということです。

そんなとき医療保険は
家計を守る切り札になる。

だとすれば、
大きな意義を持つと思うのですが
いかかでしょう?

また、貯蓄があるご家庭でも
「医療保険はいらない」と決めつける
こともできないのではないでしょうか?

「貯蓄の取り崩しを避けたい」
「ガンで親を亡くしている」
「知人が働けなくなりお金に不自由」

理屈では「今の貯蓄で大丈夫」
であったにしても
不安を消すことはできないものです。
もちろん、
保険にはいったからといってこれらの不安が
なくなるわけではないでしょうが

医療保険に入ることで
これら不安を安心に変えられるのだとしたら
医療保険に入る価値は高いと思うのです。

毎月の保険料も
決してお高い支出にはならないはずです。

また、
ローンを組んで住宅を購入したときの
疾病保障付の団体信用保険が人気です。

病気やケガでの収入減によってローン返済が
滞ることを恐れる人が多いからです。

貯蓄は生活費やローン返済にあてて、
医療費や生活費の補てんは保険で備えておきたい。
そういった声はとても多いです。
ですから、
「医療保険はいらない」
と無責任なことも言えません。

ご家庭の現状によりますし
理屈を超えた心情の部分をも
カバーできるのが保険です。

さらに、私が経験上、言えることは
たとえ今十分な貯蓄があったとしても、
失業、ご家族のライフプランの変化など

先々何が起こるかは
誰にも予測ができないということです。

医療保険は健康なときにしか入れません。
いつか入ろうと思っていたのだけれど
体を悪くして入れなくなり悔いが残る。

このような声を聞くことも多いです。
入りたいと思ったときが入りどきです。

保険なのですから
損得だけで計れない。
そう思いませんか?

医療保険はいらない。
まとめに入りましょう。

医療保険が必要な人。

・現在の貯蓄が乏しい
・小さなお子様がいる
(ベビーシッターなどの費用を考慮)
・そうは言っても入院したときが不安

医療保険が不要な人

・貯蓄が十分にある
・払った保険料よりも受け取れるであろう
給付金が少ないのはとても損だと感じる
・会社等で十分な福利厚生制度がある

私には医療保険は不要か?必要か?
上記参考にして頂ければ幸いです。