CMで評判 「働けなくなったときの保険・太陽生命」は使える保険なのか?

CMで評判 「働けなくなったときの保険・太陽生命」は使える保険なのか?

病気やケガで働けなくなったときの
心配をされる方は思いのほか多いです。

 

亡くなったらとか、入院治療費用よりも
働けなくなったときの収入減の方が
はるかに不安で恐ろしい。

 

事業主さんを中心に
そのような声を数多くいただきます。

 

今日は、
そのような不安に備える保険を
お知らせしたいと思います。

 

太陽生命の「働けなくなったときの保険」
わかりやすいネーミングですね。

 

業界ではこのタイプの保険は
就業不能保険と呼んでいます。

 

各社から就業不能保険は発売されていますが、
太陽生命のこの保険、大変人気のようです。
人気の秘密を探ってみましょう。

 

 

働けなくなったときの保険 太陽生命
評判1 太陽生命ってどんな会社なの?

 

太陽生命は知名度は
高い会社ではないかもしれません。

 

ですが、
創業は古く明治時代から
営業をしている保険会社です。

 

1999年に大同生命と業務提携。
T&Dホールディングスを設立。
現在はその完全子会社です。

 

最近はテレビCMが何かと
話題になっているようですね。

 

保険会社の知名度と財務能力や健全性は
必ずしも一致しないことは
ここで何度もお伝えしてきました。

 

太陽生命も知名度は低い?のですが
極めて堅調な保険会社の一つです。

 

格付け会社からの評価も
国内大手5社と同等かそれ以上。
契約を安心して任せられる保険会社です。

働けなくなったときの保険 太陽生命
評判2 そもそも就業不能保険って?

医療保険、ガン保険、介護保険… …
こういった保険と違い就業不能保険とは?

 

働けなくなったときの保障というのは
ピンと来ない方も
少なくないのではないでしょうか?
そこで就業不能保険について
カンタンにお伝えしておきます。

 

亡くなったり、入院・手術したりの備えは
死亡保険・医療保険(特約)で準備できます。

 

けれども、入院期間が長期になったり、
退院しても現場復帰に
時間がかかることもあります。

 

障害が残って仕事そのものが
できなくなるケースもあります。

 

そうなると、
働いて収入を得ることが出来ません。

 

傷病には社会保険という存在があります。
会社員であれば、傷病で仕事を休んだ期間
(自宅療養含む)、

 

健康保険から傷病手当金が
最長1年6ケ月払われます。

 

これを過ぎて働けなければ無収入ですが
しばらくは失業保険が受け取れます。
自営業者は(国民健康保険)
傷病手当金はないので、
その時点で無収入状態です。

 

障害が残って障害年金の1・2級に該当すると
障害年金が受け取れます。

 

押さえておいて欲しいことは
就業不能状態になったとしても
なんらかの公的保障があるということです。
けれども、いずれにせよ、
社会保障だけでそれまでの
生活を維持するのは厳しいかもしれません。
このような状態はポックリ
死んでしまうよりもリスクは高い?!

 

その働けない期間
約束した給付金をお支払いするのが
就業不能保険です。
従来の生命保険の保障の隙間を埋めて
社会保険の不足分を補ってくれる保険です。

 

 

働けなくなったときの保険 太陽生命
評判3 他社商品にない3つのメリット

では、この保険、
どんな保障内容なのでしょうか?

 

そして、
他社にない三つのメリットを紹介します。

 

仮に、あなたが、
特定疾病(ガン・脳卒中・心筋梗塞)
になり働けなくなってしまった。

 

あるいは不慮の事故が原因の傷害で
働けなくなったとしましょう。

 

医師の診断や入院は必要ですが、
所定の給付金(10万円〜)を
30日ごとに受け取ることができます。

 

最大150日まで受け取れます。
(通算36回が限度)

 

働けなくなったときの保険の特徴として
「特定疾病・障害早期就業不能給付金」
があります。

 

これは上記の疾病やケガで
就業不能と判断された場合、
30日で保障が受けられるというもの。

 

全社の就業不能保険の中では最も早いです。
これが一つめのメリットです。

 

但し、
対象となるのは特定疾病と不慮の事故のみ。
それ以外はこの早期給付は受けられません。

 

要介護認定2以上を受けるか、
所定の状態が180日以上続いたときに
この保障が対象になります。

 

ガンに対しては上皮内新生物でも
早期支払いの対象になるとのことですが
上皮内ガンで就業不能状態はレアですかね…

 

二つ目のメリットとして、
通常、就業不能保険は、働けない状態の間、
年金形式で給付がされる保障です。

 

職場復帰すると支払いは終了となります。
医療保険の入院保障で退院すると
保障は終わるのと同じ考え方です。

 

「働けなくなったときの保険」は
最低5年間は支払いが受けられます。

 

ムダがないと言えばムダがない。
安心と言えば安心。
他社にない大きなポイントと言えます。

 

三つ目メリットとして、
他社よりも払込免除が受けやすいです。

 

払込免除というのは
一度就業不能状態になったら
以後保険料は頂きませんとの制度です。

 

保険料は払わなくても
保障は所定の期間ずっと続きます。

 

この特約(制度)は他社にもあるのですが
この保険は払込免除の条件の幅が広いです。

働けなくなったときの保険 太陽生命
評判4 デメリットは?契約時の注意点は?

では、
太陽生命の「働けなくなったときの保険」
注意点やデメリットはないのでしょうか?

 

そして、
どのような人に必要な保険なのでしょう?

 

まず、これは、
デメリットというよりも特徴なのですが
この保障のみ単独では加入できません。

 

この保障以外も自由に組み合わせができるが
ゆえになのですが一般の方にはわかりずらく
複雑な仕組みだと思います。

 

現場経験の豊富なお客様本位の担当者に
あたれば良いのですがそうでないと
余計な保険料を払う結果になりかねません。

 

現在採用中の保障と重複する部分が
出てくる可能性が高いからです。

 

超個人的にですがこの種の保険は
単品・単独加入できる保険会社の方が
利便性は良いように感じています。

 

もうひとつ、
わかりずらさという点において
就業不能保険は支払いの条件が各社様々です。

 

機会があればわかりやすい一覧表を
つくりたいところなのです。

 

就業不能保険を検討される際は
支払い条件を各社比較確認して下さい。

 

長期の障害年金の上乗せとして考えたいのか?
短期の就業不能に備えたいのか?etc.
各社各商品個性が違います。

 

面倒だからと他人任せにすると
高い買い物になるかもしれません。

 

また、
損害保険会社の所得保障保険と
比較もありかと思います。

 

ガンや三大疾病、傷害であれば、
ガン保険、医療保険、傷害保険などもで
就業不能時の損失をカバーできます。

 

今後、さらに需要の高まってきそうな
就業不能保険ではありますが
まだまだニッチな保険商品です。

 

太陽生命「働けなくなったときの保険」
を含めて給付金や保険料との折り合いが
つけば自信をもって評価したい内容です。